interview2 ロンドンの美容室内で働くネイリスト

Kaili nail (tomoyuki&co内)

垣内彩里さん

イギリス・ロンドンでYMSビザ(※)を取得して働く垣内沙里さんにお話を伺いました。

ロンドン中心地「Fizrovia」エリアの美容室【tpmoyuki&co】内ネイルサロンで働く垣内さん。
得意とする繊細なアートと明るい人柄で渡英1年未満で多くのお客様から支持されています。
渡英10ヶ月目のお話を伺いました。


■ロンドンに来たきっかけ■
渡英前はワーキングホリデー(以後ワーホリ)を利用してオーストラリアに住んでいました。
その際に思っていたより英語の語学力が伸びなかったので、もっと伸ばしたいと思い他の国への渡航を考えていた際、YMSビザが当選し、今年1月より渡英しました。


■YMSビザで渡英するまでの道のり■
美容学校卒業後、ネイルサロン「MOGABROOK」に入社し、2年勤めた後「海外へ行きたい。」という思いが強くなり、退社しました。
学生の頃から好きな音楽やドラマに憧れ、海外で生活をしたいという思いがありました。

退職後は1年間資金を貯めながら、日本の技術を多岐に習得すべく別のネイルサロンで勤めてワーホリ準備をしながら過ごしました。
海外渡航に関して悩むことも多かったのですが、いざとなったら行動する性格。
人生一度きりしかないし、女性は結婚出産などのイベントを迎えると動きにくくもなるので行ける時に行かないと、と思い決断しました。
準備途中で不安に思う事もありましたが周りに言ってしまっていた以上、後に引けない、というのもありましたけど。笑
オーストラリアのワーホリを終え、帰国後は再度渡航を目指して日本のネイルサロンで少し働き、YMSビザ抽選に応募。
YMSビザが当たらなかったら英語圏でもあるカナダに渡航する予定でした。
オーストラリアのワーホリでもネイルの仕事ひとつで生活できたので、次の国への渡航は抵抗がありませんでしたね。


■ロンドンでの生活■
10ヶ月目を迎えるロンドンの生活はとても住みやすく、楽しいです。
オーストラリアでのワーホリ経験があったので海外生活はすぐに馴染めました。
語学学校へは通わず、日常や旅行をする際に英語を話して語学のスキルアップを心がけています。
渡英1ヶ月後から求人募集をみて今のサロンで働いています。
給料制で1日8時間・週休2日(連休)で休みのフルタイム勤務です。
元々美容室内にネイルブースはあったものの、ネイリストさんがおらずしばらく休業していたので、いちから宣伝したりサロン運営の事も私が考えています。


■ロンドンのサロンワーク■
お客様は在住日本人の方が約3割、ローカル欧州の方が半数程です。
ヘアの顧客様も多く、パーマをかけながらネイルを同時施術もしています。
ローカルの方は日本の繊細なネイルアートは数時間かかるというイメージを持つ方も多いのですが、
大体1時間~1時間半で終える事を伝えるとお願いされる事もあります。
2週間ごとに付け替えたり忙しい方多いので「素早く綺麗に」仕上げる事を目標に対応しています。
ジェルは現地の美容問屋で手に入る商材を扱っています。
ただパーツは日本のように種類が豊富でないので、日本からの郵送や運搬をお願いしています。


 

■垣内さんのネイルワーク■
MOGABROOKで多賀校長先生やアートが上手な先輩方に囲まれて学ばせてもらった事もあり、細かいペイントアートが得意です。
旅行が好きなので現地の景色や美術館から新作のインスピレーションを受ける事もあります。
細かいペイント―アートはローカルなお客様にも好評で、日本語のアートも人気があります。

日本やオーストラリアではサロンのスタッフとして属していたことに比べ、今はお客様と人と人との関係として関われているのが楽しいです。
施術後はお客様からの喜びがダイレクトに伝わることが幸せです。
「自分のネイルアート」というものが確立できて遣り甲斐が出てきました。
例えばInstagramの更新も日本だと時間に追われすぎて発信することはなかったのですが、ロンドンに来てからは自分のネイルをアピールできるツールとして使っています。


■ロンドンでの生活■
住まいは現在5人でシェアルームをしています。
ロンドンは交通費も家賃も高いです。
休日は一人で美術館へ行ったり、友人やお客様とごはんに行ったりしています。
毎月お店のスタッフ全員で一泊二日の旅行に行くイベントもありスタッフ皆仲良いです。
今週末からちょうどバカンス2週間を頂け、欧州を回ろうと思っています。
日本よりも堂々と休みが取れるところが有難いですね。
プライベートと仕事の両立が取りやすいです。
あと、ロンドンはお洒落な方が多く、可愛い服が多いので毎日の通勤路でさえも誘惑が多いです笑
元々お洒落は大好きなので物欲が掻き立てられています。笑


■海外ネイルへの思いと夢■
日本を出てから、ずっとネイリストとして海外でも仕事ができているのでどこに行っても大丈夫、という自信は付きました。
今日本から海外に行こうか迷っているネイリストさんには是非一度海外へ行ってみてほしいです。
いつに出発でいくら貯金をする、など明確な目標を立てれば実現すると思います!
日本のネイル技術がどんどん広まれば良いなと思っています。
今後はビザ満期までロンドンにいて、その後は海外でネイリストとして働くか自分のサロンを持ちたいなと思っています。


 

垣内彩里さん

Instagram https://www.instagram.com/kailinails/

関連記事

ページ上部へ戻る