blog【オーストラリアワーホリ記録 vol2】語学学校とホームステイ

こんにちは!
ドイツ在住ネイリストの垣内彩里です。
オーストラリア、イギリス、ドイツと現在ワーホリ3ヵ国目の生活をしています。
今回はオーストラリアの語学学校や、ホームステイ部屋探しについてお話ししたいと思います。


4ヶ月以上学校に通う場合はワーホリビザから学生ビザに切り替えになります。

当時の私の英語力は中高6年間と、塾に通っていただけで、特に話せたりする訳ではありませんでした。
ネイリストとして”働く”を目的に渡豪したので、4ヶ月学校へ行き英語の基礎をとことん学ぶことにしました。
渡豪したら毎日英語漬けになって、1年後には話せるようになるだろうと当時の私はナメていたので、特に渡豪前に英語学習はしませんでした。

 

私が通った学校は、ゴールドコーストにあるinforum Australiaという学校です。
選んだ理由は、アットホームな雰囲気・日本人が少ない・日本語話せるスタッフがいるというところでした。
初の海外生活で万が一の事があったらと不安だったので、日本語が話せるスタッフがいるという事は安心できました。

まず最初に語学力テストをしてクラス分けされます。
語学勉強をしていなかった私は案の定、一番下のクラスから始まりました。
クラスに入った瞬間私は驚きました。
80%以上が日本人生徒だったからです。
先生はバリバリのオーストラリアン英語だし、外国人の先生が日本で英会話教室をしている様な風景でした。
果たしてこの環境で4ヶ月でどれだけ英語が上達するのか不安だった事を今でも覚えています。

これから留学する方にお伝えしたいアドバイスは、下のレベルになればなるほど日本人生徒が多いので、それが嫌なら前もって英語の勉強をしていきましょうという事です!

もちろん同じ志をもった日本人なので、一緒に図書館で勉強したり、情報交換したり、言葉が通じる事はありがたいという部分はありました。
ただ私はグローバルな交流を期待していた分、結構ガッカリしたので正直4ヶ月も語学学校はいらなかったなと思います。
1番お金がかかったのが学費でした。

これはあくまでも私が渡豪した時のお話しなので、全ての学校がそうだとは限らないし、時期によっては日本人が多かったり、少なかったりするみたいなので、日本人比率を気にされる場合は念入りに調査した方がいいと思います!

実際、語学学校よりも働きながら聞いて話す方が英語力がつきました。


②語学学校のスケジュール

学校のスケジュールですが、平日午前からお昼過ぎ位まで授業で、金曜日だけ午前中のみ。午後からは参加自由型で毎週アクティビティーがありました。
観光名所へ行ったり、スポーツしたり、BBQしたり、上のクラスの人とも交流できるいい機会でした。
そして毎週月曜日に新しい生徒が入学してきて、毎週金曜日に卒業していく流れだったので、色んな人と出会う事もできました。
社会人になってまた学生生活に戻るというのもとても不思議な感覚でした。

今はドイツ語を勉強しているので、今後はドイツ語の学校にも通う予定です。
また通い始めたら、学校の様子など記事にしたいと思います!


③ホームステイ

お世話になっていたホームステイ先のご家族はとても親切で温かい家族だったので、休日は学校の友達よりもホームステイ先の家族と過ごして英会話を上達していきました。
今でもホームステイ先のマザーと連絡を取るくらい大好きな家族です!
毎日美味しいご飯をたくさん食べさせてくれて1ヶ月で5キロ太りました笑

 

中にはホームステイをビジネスとしている家族もいて、温かく迎え入れてくれない家族がいる事も事実です。
万が一気になる事がある場合はすぐに、留学サポート会社や、学校に相談する事をお勧めします!


④ホームステイ以外の住居

ホームステイ以外にも、学校に寮があったり、現地で住居を探す事もできます。
現地で家を探す方法は、学校の掲示板や、現地の日本人コミュニティーサイト、またはローカル用のお部屋探しサイトなどがあります。

ローカルサイトは英語になるので、最初はみんな日系サイトで探していました。
オーストラリアでは主に日豪プレスmixb(シドニーのみ)をよく使っていました。
英語ならGumtreeflatmatesを使っている人が多かったです!

 

他にも気になる事や、記事にしてほしい内容などございましたら、お気軽にご連絡下さい!


この記事を書いた人

垣内彩里 
ドイツ在住フリーネイリスト 
オーストラリア1年 イギリス2年 ネイリストと活動し現在3か国目。
Instagram

関連記事

会員ページ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。