interview7 ロンドンで日本式ネイルを提案する多才ネイリスト。

通りに面した美容室内のネイルサロン

ロンドンの中心地Holborn(ホルボーン)駅近くの日系美容室内でネイリストとして働くベネッサさんにお会いしました。
香港出身のベネッサさんは日本のネイルスクール、サロンで技術習得をし、現在ロンドンで活動をされています。
ロンドンに渡った経緯、日本ネイル技術の価値、多国語を話せる利点などのお話を伺いました。

 

 


▼ロンドンでネイリストとして活動をされている経緯を教えて下さい。

今年春に夫の転勤でロンドンに来ました。
すぐ日系サロンで働き、3ヶ月ほど前からこの場所を借りてサロンをスタートさせました。
実は今月(2019年11月)でサロン形態は辞め、顧客様の自宅に伺う出張ネイルのスタイルに変更する予定です。
ネイリストになったきっかけは、学生の時に日本語を勉強しており、東北大学へ留学をしていました。
その後ワーキングホリデービザを利用して日本に戻り、
貯金と時間があったので何か技術を取得したいと日本のネイルスクールへ通いました。
卒業後は、東京のネイルサロンで1年間勤めていました。


▼ロンドンでの活動スタートはどうでしたか?
ロンドンに来てすぐ、日系サロンに問い合わせをし、日本語が話せて日本でサロンワーク経験があるという事で即採用でした。
それだけ、日本の技術スキルは信用されているという事ですよね。
働いているうち、私はマーケティングもできるので、
自分でやってみたいな、と思うようになり今の場所を見つけてスタートさせました。
日系美容室の場所を借りたのは、アジア人のお客様に来てもらいたかった事と、
日本で技術を習得したので、日本の技術・サービスを提供する事で他のアジア系サロンと差をつける為です。
私は中国語も話せるので、広いマーケットで集客も出来、更に日本技術ができる事で付加価値をつけています。
この場所は日本人掲示板(MIXB)で探しました。


ベネッサさんの仕事スペース

▼ご自身でのお仕事はどうですか?
スタートはお客様ゼロの状態だったので、日本、中国、在住アジア人をターゲットに色々な方法で集客方法を考え、現在も試行錯誤しています。
チャイナタウンにも「日系」をうたったネイルサロンも沢山ありますが、
私は日本のネイル技術を提供しているので、お客様はそれを求めて来て下さっています。
日本の材料を持ってきているので、そこも評価して頂いていますし、
この値段で安い、と言われるくらいです。笑
まだスタートして3ヶ月ですが、ロンドンで日本ネイルの需要はすごくあると感じています。

 

 

 


日本の流行に合わせたデザイン提案

▼今後のビジョンはいかがですか?
夫の任期があるので、帰国後は仙台に戻ります。
目標は高く、日本でまず認定講師資格を取得し、JNA認定校を設立したいです。
私は日本語はもちろん、多国語が話せるので、マーケットが広いことを武器に色々な事にチャレンジしたいですね。
今はyoutubチャンネルを準備中で動画編集の勉強しています。
ネイリストの枠を超えて色々なジャンルを勉強し、マルチに活動したいです。
理想型にはまだまだ遠いですが、夢は大きく!持っています。

 

 

 


外国人視点での「日本ネイル」の価値を見出し、異国で活動を広げるベネッサさん。
環境に合わせて目標を持ち、需要供給を判断しながら進む聡明な方でした。
JNA認定校校長先生の夢に向かって頑張って下さい!


 ベネッサさんのWEBページ

 

 

You Tube  [The Nail Muggle]

Instagram https://www.instagram.com/vane.nail/

 

 

 


interviewer 久賀田有紀 Yuki Kugata
一般社団法人 海外ネイル協会 代表理事・maninailオーナー
教員在職中にネイルスクールに通い2009年ネイリストに転職。
2015年より1年間パリにてネイリストとして活動。

 


 

関連記事

会員ページ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。